【行き方のご案内】右輪台山のしだれ桜(松川町水原)

桜の季節がやってまいりました!

福島市中心部より標高が高い松川町は、桜の見頃も中心部より少し遅め。これから見頃を迎えます。しかも桜の種類が多いので、咲く時期も少しずつ違っています。

 

そんな松川町の桜の名所の中でも、あまりにもローカルな場所にあり過ぎて口頭では説明しにくく、しかも迷い始めるとUターンをするのも一苦労で路頭に迷いがちな場所、松川町水原地区の「右輪台山のしだれ桜」への行き方をご案内します。

 

まず目指すは、東北自動車道の福島松川スマートIC下り線(仙台・青森方面)の出入り口、県道52号線沿いです。余談ですが、スマートICを設置する社会実験が行われた際、町の方は実績を重ねる為に、軽トラで隣の福島西ICまで何度も走ったそうです。その努力の甲斐あって、めでたくこのスマートICは恒久的に運用される事になりました。皆さん頑張りました!!

 

ご参考までに、福島松川PAには、県道沿いに車を停めて徒歩で入ることができます。お手洗いに困った際には、ぜひご利用下さい。

 

この県道52号線を土湯温泉方面に進むと、突然視界が開けます。ここが水原地区。正面には、吾妻山と安達太良山が見えてきます。

 

 

道路沿いに関根のバス停があります。日曜日を除き1日3本、医大・松川駅方面から水原行のバスが出ています。ここをさらに直進します。高台から眺めると、こんな感じです。

 

 

写真の左下が福島松川ICや松川町中心部方面、右上(山側)が土湯温泉方面です。直線道路に入るとすぐ、左手にこんな看板が見えてきます。

 

 

ここを左に曲がり、田んぼ道に入ります。見頃の季節には、右輪台山の桜並木がピンク色に染まっているのが見えてきます。土湯温泉・大森方面からいらっしゃる方に見える看板はこちら側。

 

 

田んぼ道を進んで橋を渡ります。

 

 

橋を渡ると見える景色がこちら。ここをさらに直進します。

 

 

そして右側に見えてくる、この看板のところを右に曲がります。ここからが要注意!!

 

 

桜並木は、普段農道として使われています。その為、両脇に側溝があります。車の運転はゆっくりと、歩かれる方はくれぐれもお足元にお気を付けください。カーブの道を上がると鉄塔近くの駐車場に到着です。道幅は車1台が通れるくらいしかありません。

 

 

お帰りの際は、竪穴式住居の前を通って下ります。見頃を迎えた際には案内板が掲示されますが、皆様のご安全の為、お車の一方通行にご協力をお願い致します。

 

 

山を下って、突き当りを右に曲がります。

 

 

そして道なりに進むと、水原地区唯一の信号がある交差点に出ます。左右に伸びる道路が県道52号線です。

 

 

ここを右に曲がると福島松川IC方面、左に曲がると土湯温泉・国道115号線方面、直進すると大森方面になります。土湯温泉方面に進むと、途中から細くてカーブが急な山道を上ることになりますので、運転が苦手な方は十分にご注意ください。

 

右輪台山のしだれ桜も、まもなく開花を迎えます。見頃を迎えた際には、地区内に案内看板とのぼり旗が設置されます。今年は、ライトアップも行われる予定だそうです。

 

詳細は、松川町観光協会へお問い合わせください。

https://www.matsukawa-kanko.jp/

 

のどかな里山で、のんびりとしたお時間をお過ごしくださいね!